母校への寄付のお願い

 武蔵高等学校は小規模な私立高校中学であり、元来その経営に厳しさが伴うことは否めません。武蔵がその特徴と強みを生かしつつ、武蔵であり続けるためには、同窓生による母校への継続的な貢献は欠かせない要素です。

新棟と募金活動の継続

 平成27年から始まった新棟(理科・特別教室棟)募金は平成31年3月31日を以て、一旦締め括りとなりました。新棟建設は百周年記念事業の一環でしたが、今後とも体育関連施設など課題が続きます。募金活動は、当面は百周年記念事業募金として継続してまいります。

 新棟は平成29年11月に竣工し、平成30年4月から全面的に供用開始されました。リニューアル工事はその後も継続しています。


新棟寄付の概要

 新棟寄付においては、一口2万円×5口、お一人10万円をラフスタンダードと設定し、総額3億円を募金目標額としておりました。実際には額の多寡は問わないのですが、多額寄付をいただく場合も多く、平均値では13万円強となっております。寄付者総数は平成31年2月末日現在で669名、寄付金総額は 9063万6680円となっています。

募金活動と募金箱

 新棟募金は同窓会から同窓生への呼びかけとして行ないましたので、新棟募金開始に伴い、募金活動を後援会から同窓会に移管して一本化することとしました。募金の行先が学園である事には変わりなく、減免税措置も従来通り受けられます。

 同窓会では募金文化の醸成も課題であるとの考えから、同窓生が集まる機会においては募金箱を設置し、よって募金の実をあげつつ、募金の実感と繋がりを感じていただければと考えています(減免税を希望される場合は、別途、記名できる手段による寄付をお願いします)。

寄付と減免税措置

 寄付後に学園から送付される書類を添えて税務署に確定申告しますと、減免税措置が受けられます。また住民税の控除を受けられる場合もあります(都内)。自治体の条例によって制度が異なりますので、最寄りの税務署にお問合せください。

送金方法

 専用の振込用紙を使い、郵便局か銀行の窓口でお振り込みください。専用の振込用紙がお手元にない場合は同窓会事務局から送らせていただきます。他の送金方法についてはお問合せください。

武蔵高等学校同窓会
電話 03-5984-3738
jimukyoku@musashi-ob.gr.jp